反転魔術について

反転魔術とは

反転魔術は、魔術における負の力(−)を正の力(+)に反転させる魔術です。

呪術や黒魔術には負の力(呪力・魔力・妖力など)が使われており、白魔術や精霊術には正の力(生命、光、植物などの力)が使われています。

大まかに以下の特徴があります。

  • 負の力は短期的に急激に利益が出やすく、危険性が高い
  • 正の力は長期的に緩やかに利益が出やすく、安全性が高い

私の魔術を依頼しにきて下さる方の中には、今まで何度も負の力を扱う魔術を受けてこられたという方もいらっしゃいます。

その方の心身の負担を取り除き、私の魔術の効果が現れやすくするために、反転魔術を習得するに至りました。

ここでは、負の力についての説明と、反転魔術のメリットについてまとめておきます。

負の力の影響

呪力や魔力といった負の力によって悪影響を受けておられる方には、以下の傾向が見られます。

  • すぐに体を壊す
  • 精神的に不安定
  • 特定の人物への過度な執着
  • 人の助言を受け入れない
  • 自分の考えに固執する
  • 同じことを何度言っても理解しない
  • 些細なことで不安や怒りを感じる
  • こちらの返信を待たず何度も連絡を入れてくる

その人のもともとの性格ではないかと思われる傾向もあるかもしれませんが、それが負の力で強められて、極端になっています。放置しておくと悪化する可能性は十分にあります。

なお、負の力を持つ魔術は、実はそのことを明記せずに施術されていることがよくあります。

白魔術や精霊術・女神の浄化術・レイキなどと説明されたのに、施術後にこれらの傾向が見られる場合は、お受けになった魔術が負の力を扱っていたのかもしれません。

また、まだそういった魔術に出会っていない方でも、依頼する前に「これは安全な魔術かどうか」と立ち止まって考えてみましょう。書かれていることを鵜呑みにしないことが大切です。

反転魔術を受ける基準

反転魔術を受けると、負の力が0になるだけではなく、多少は正の力として再利用が可能です。

-100%の負の力が、+30%の正の力に反転すれば、その差は130%もあります。心身への負担はかなり減りますし、むしろ多少の良い効果すら得られるのです。

しかし、もともと大した力のない魔術の場合は、反転魔術を受けても大した変化はありません。たとえば-1%が+1%になったところで、2%しか変わらないためです。

ですから私は、すべての負の魔術(負の力を用いた魔術の総称)に反転魔術を施す必要はないと考えます。

もしも、ある魔術が以下の基準に当てはまるなら、それは強い負の魔術です。反転魔術の対象として検討するとよいでしょう。

  • 施術後に心身の不調を感じるようになった
  • 施術後によくないことが立て続けに起こるようになった
  • 施術後に大きな幸運があったが、その後は不幸続きである
  • 施術後に相手との関係が悪化した(縁結び)

施術後の心身の不調は、好転反応と説明されることがあります。しかし3日以上続くのであれば、負の魔術による害である可能性は高いと見られます。

反転魔術を受けるために必要な情報

反転魔術のご依頼には、以下の情報が必要です。

  • あなたのお名前
  • 対象魔術についての情報
  • 施術希望日時(正式依頼日からおよそ5日後以降の18:00~2:00)

反転魔術は、高等魔術に属します。マイナスをプラスに、真逆の性質のものに反転させることは、とても難易度が高いのです。

その難易度を下げて、反転魔術を成功させるために必要なのが、対象魔術についての情報を得ることです。

何も知らないものを相手にするのと、ある程度知っているものを相手にするのとでは、難易度は全く違います。

ですので対象魔術についての情報がなければ、ご依頼はお引き受けしておりません。

  • 対象魔術の名称
  • 対象魔術のページのリンク
  • 上記がわからなければ、その他の情報

その他の情報では、どこで魔術を受けたか、施術者は何を言っていたかなど、些細なことでも結構ですので教えて下さい。

MEMO
反転率上昇のオプションは、基本的に対象魔術の名称およびリンクがわかる場合にのみお引き受けしております。

反転魔術のご依頼

反転魔術