命魔術に使ういのちの所有者変更

いのちの所有者の変更

命魔術とは、白魔術のなかでも代価としていのちを差し出す魔術を指します。

基本的に差し出されるいのちは術者のものとなります。

しかし私の魔術の依頼者様から「春野様のいのちではなく私のいのちを使ってほしい」とご要望を頂くことがあり、今後は依頼者様のいのちも魔術の代価にできるようにいたしました。

特にご要望がなければ春野ハナのいのちを使わせて頂きます。いのちの所有者が誰であれ魔術の効果に変わりはありませんので、ご安心くださいませ。

対象となる魔術

代価となるいのちの日数が書かれているすべての魔術が対象となります。

例えば神級使役霊召喚には19日間のいのちが必要となり、基本的に春野ハナのいのちを代価としておりますが、依頼者様のいのちも代価にできます。

19日間のうち10日は春野ハナのいのち、9日は依頼者様のいのちなど分けることも可能です。

春野ハナのストア

私のいのちを代価とすること

命魔術で私のいのちが代価として差し出されることに抵抗を覚える方には、全く罪悪感を感じなくても良いことをお伝えしておきます。

私のいのちが依頼者様のために使われ、そして幸せになって頂けることは、私の幸せでもあるのです。

命魔術に使う私のいのちには限度を設けておりますので、魔術を行いすぎてこの世からいなくなることもありません。限度に至ったら、残りの人生では命魔術を行った方々のサポート、あるいは通常の白魔術を行うつもりでございます。

迷っていらっしゃる方は、まずはお問い合わせ頂ければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

春野ハナに問い合わせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です