いのちの縁切り|人間関係を一新するために

いのちの縁切りをご依頼頂いたU様のご依頼です。


私がいのちの縁切りを依頼したきっかけは、知人が貸してくれたアドラーの本でした。

「すべての悩みは、対人関係の課題である」

その言葉を見た時、走馬灯のように私の人生に関わる人が思い浮かびました。思い浮かぶ顔のほとんどが嫌いな人のもので、随分と落ち込んだものです。

親からは虐待されてきましたし、学生時代は同級生にいじられ、会社では陰口を叩かれてきました。人間全てが憎いと思う時期もありましたが、人間の文明に助けられているのだから。私だって悪かったのだからと、表面上は好きになろうと心がけてきました。

でもやはり、人間は助けてくれることもあるが、私はそれ以上に苦しめられてきたのではないかと、その思いは心に根深く染み付いています。これは理性ではどうしようもない思いでした。

このまま現在の人間関係に縛られ続けていたら、これから先も人間を陰で憎みつつ、苦しんで生きることになるのではないかと、漠然とした恐怖を感じました。

そこで、以前からお世話になっていた春野先生に、いのちの縁切りを依頼することになったのでした。

 

縁切りに結果どのような未来を望むか聞かれましたが、正直、今の人間関係以上の関係を結べるなら、どうなってもいいなと思っていました。未来をはっきり想像できるほどの気力もありませんでした。

その通り伝えたところ、「願いが漠然としていても大丈夫。あなたはより良い人間関係に導かれます。安心して下さいね。」と心強いお言葉を頂きました。

縁切りまでは好きに質問や相談をしても良いカウンセリング期間でしたので、縁切りまでにすると良いことを色々とご提案頂きました。

何より掃除が大切。物とも縁を切りましょうと言われ、とんでもない量の物品を、フリマや粗大ゴミ回収で処分しました。これだけでもかなり心が軽くなり、なんでもうまく生きそうな、根拠のない安堵を感じられました。

あとは出費を見直したところ、ストレスで無駄な買い物をしていたことに気がつき、自分のためになるお金の使い方について見直しました。とりあえず処分した服の分、上質な服を買い足しました。

 

縁切りを受けた途端、世界が180度変化するとは思っていません。やはり縁切りのあとも今までの日常の延長が続きます。しかし確実に、私の心は変わっていきました。そして心が変われば、人間関係は変わりました。春野先生のおっしゃる通りでした。

人間嫌いが和らぎ、私に仲良くできる男性が現れ、職場のお局とは疎遠になり、親との連絡は思い切って断つことができ、目標金額のお金が貯まったので今では在宅ワークに転職を考えています。

新卒から8年、代わり映えのない人生を送ってきましたが、この1年はかつてないほどの変化が起こったのです。

スピリチュアルに傾倒しているわけではありませんが、春野先生のお力は経験を踏まえて信じることができます。転職先が決まったら引っ越しで心機一転する予定ですので、大供養や大結界など、また何か魔術を依頼させて頂こうと思います。

春野先生のサイトを眺めているだけでも、安心します。ゆっくりで構いませんので、これからも記事の更新を続けて下さると大変ありがたいです。

これからもよろしくお願いいたします。