いのちの全体運|新しい人生のための勇気を

いのちの全体運をご依頼頂いたA様のご感想です。


春野さま、いつも親身になってお話を聞いてくださりありがとうございます。

いのちの全体運を受けさせていただいてからもう2年が経とうとしています。あの時もちょうど桜が咲き始めた頃でしたね。

サイトに掲載なさっている感想文ほどうまくは書けませんが、私もお役に立てればいいなと思い、施術のことについてお話しさせていただきますね。

 

私がいのちの全体運を依頼する時、ちょうど30歳になったばかりでした。

実家暮らしでしたから、金銭的には特に辛いことはなく、在宅ワークをしながら、ほとんど外に出ることもなく、ぬくぬくと過ごしていました。

でも大学を卒業してから30歳までの自分を振り返ると、ゾッとするほど成長していないんです。

服装も高校生みたいで、化粧もせず、友達もおらず、ずっと実家暮らしの30歳。自分は簡単な仕事をするだけで、実家に甘えきりで、何もしてこなかった。

このまま35歳になって、40歳になって、50歳になって。親がいなくなって、実家にひとりぼっちの幼稚な自分を想像するだけで、息が止まりそうでした。

 

両親からはこのままでいいじゃないかと言われますが、私自身は、このままではいけないと強く感じていました。

そんな時に、前々から命魔術のことで知っていた春野さまに、私の悩みをご相談させていただくことを思いつきました。

最初はいのちの大浄化をお願いしようかと思っていましたが、いのちの全体運もどうしても気になり、悩みと共にこちらについてもご相談しました。

 

春野さまのアドバイスはいつも的確で、間違っていると感じたことがありません。私が言葉にできなかった思いすら言葉に表して下さいます。

「両親は家にいてくれると嬉しいでしょう。
でも、あなたはこれから先ずっと、嬉しいふりをして生きることになるかもしれない」

こう春野さまがおっしゃった時、涙が出そうでした。本当は気づいていました。自分は両親の元で、物質的に恵まれた生活をしているかもしれないけれど、心は満たされていなかったと。

でも私が両親のもとを離れると、夫婦仲を取り持つ人がいなくなって、仲が悪くなるのが怖いと。自己実現のために誰かを不幸にさせることが、本当に怖かった。

 

春野さまは親身になって話を聞いて下さり、その1ヶ月後、いのちの全体運を受ける決意をお伝えしました。

これだけの魔術を受けると、私はきっと動かざるを得ないだろうなと思いました。それに、今の安定した生活から新しい生活に切り替えるにあたって、大きな助けになるだろうとも思ったのです。

いのちの全体運を受けるまで、急に身辺整理を始めた私に両親は不思議(というより不審)がっていました。掃除したり、要らないカードを解約したり、口座をまとめたりと、忙しくも楽しい日々でした。

それに並行して、12種類の運気について、春野さまとじっくりお話しをしました。私は具体的に何を求めているのか。仕事や、恋愛や、健康や、家族について、どうしたいのかを再確認するために、本当に役立つ経験でした。

 

いのちの全体運を受けたあと、言葉にするのは難しいのですが、勇気というか、「私は大丈夫」という安心感というか。そんなものを感じました。

この魔術を受けたからといって、辛いことがすべてなくなるとは思っていません。でもきっと、何が起こっても最後は穏やかに収束するだろうと、心から信じられたのです。

 

あれから2年、私は実家の近くで一人暮らしをしています。

実家には、施術から数ヶ月して拾った賢い三毛猫がいますし、私もちょこちょこ帰っているので、心配していた夫婦仲には全く問題が起こっていません。

そして、今の私には結婚を前提にお付き合いしている恋人がいます。30歳になるまで恋愛とは無縁だった私にです!自分でも驚いています。

精神的に成熟していて本当に尊敬できる人なので、私もそうありたいと、少しずつ自己実現を果たしつつあります。

恋愛については特にこれといった願いもなく、優先順位も低かったのですが…まさかこんな嬉しいハプニングがあるとは思いもよりませんでした。

私が12種類の運気に願っていたすべてに、良い兆しが見えているように思います。

 

いのちの全体運をお願いするのには、本当に勇気が入りました。

でも、お願いしてよかったと心から思います。あのまま勇気を出さずに実家で過ごし続けていたら、私は2年経った今頃も同じままだったでしょうから。

春野さま、本当にありがとうございました。言葉にできないくらい感謝しています。