いのちの大浄化/過去から現在へと歩みだすために

いのちの大浄化をご依頼頂いたH様のご感想です。


私の過去は悲惨なものでした。

親に愛されず、友達もできず、高校を卒業したらすぐさま就職し、養育費を返せという親に毎月の仕送りをしながら、暗く不幸せな毎日を送ってきました。

思うに私は過去に引っ張られすぎていて今を見れてはいなかったのでしょう。人間は頭で「理解」はできていても、それを心で「実感」することができるとは限らない生き物です。

私は現状の理由を理解はしていましたが、自分に当てはめて実感することに欠けていました。そして惰性に任せて代わり映えのない年月を8年に渡って続けました。

 

9年目に差し掛かってふと、このまま迎える未来に底知れぬ恐怖を覚えました。親に貢いで自分を蔑ろにして、友達も恋人もいない孤独な自分が迎える未来が、幸せではないことはありありと想像できました。

そこで縋ったのが所謂「スピリチュアル」です。書籍を購入し、数秘術もホロスコープも何でも試して自己理解を深め、龍神や天使や女神に助言を求め、県内の占い師を頼り、ヒーリングで過去を浄化しようとしました。

結果は出たとは思います。しかしそれは、支払った金額に見合うものではないようにも思いました。総計で100万は注ぎ込んでいましたが、得たものは物足りませんでした。

それでもスピリチュアルへの関わりをやめなかったのは、今まで注ぎ込んだものや努力を無駄にしたくなかったからです。

 

そのような日々を続けて2年が経ち、春野様のサイトに辿り着きました。そしていのちの大浄化について知りました。

説明を読んだ私は「終わり」が欲しかったことを自覚しました。見知らぬ他人にヒーリングを何度も何度もお願いし続け、効果が出るかどうか待ち続ける人生は懲り懲りだったのです。

1度切りのヒーリングを受ければその後は自分自身でヒーリングで行い、自分自身で前へ進めるならば、どれほど良いことか。すぐにでも大浄化を依頼したいと興奮を覚えました。

しかし今までの経験上、占い師やヒーラーの本質は文面に出ることを知っていました。藁にも縋る思いではありましたが努めて冷静に春野様にコンタクトを取りました。

10にも及ぶ質問をしましたが、春野様には礼儀正しく優しい文章でご返答頂きました。安心して大浄化を依頼することができました。

 

大浄化を終えてからおよそ半年が経ちました。私はというと、自分自身の変化を楽しんでいます。

私はもう占い師に頼り切って生きなくても良いということ。親にはもう十分にお返しをしているということ。自分が生まれたのは自分を生きるためだということ。自然と多くの学びを得ました。

その学びはスピリチュアルの書籍や占い師の言葉ですでに見聞きしていましたが、結局は「頭で理解」しただけで「心で実感」できていなかったのです。両者には天と地ほどの違いがありました。

親への仕送りはまず半額に減らしました。いずれは1/4に減らす予定です。0円にするのはあんな親でも気の毒だと思いますし、その程度の価格なら私の負担にならないからです。

浮いたお金で買ったものは、恥ずかしながらニンテンドースイッチというゲーム機とソフトです。「あらゆる楽しみを享受することなかれ」と自分に呪縛をかけていた私が、娯楽の代表ともいえるゲームを買ったのは驚くべき進歩でした。

ささやかなことを積み重ねて、私の人生には少しずつ光が差し込んでいます。あの一筋の光もない牢獄のような日々が嘘のようです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です