カスタマイズ使役霊召喚/人探しの白狐

カスタマイズ使役霊(最上級)の召喚をご依頼頂いたH様のご感想です。


春野様のサイトは魅力的なサービスが提供されています。ある日「カスタマイズ使役霊」の項目が増えていました。使役霊を付けたくても自分で考えると難しい物です。良いサービスだと思ってみていました。

どれも主人の側で役に立つ子ばかりです。その中で人を探している感じの白狐がいました。

私の側には一体の黒麒麟がいます。彼女も興味を持ったようで私の日常が役に立つのではと意見が一致しました。召還したあとその後のケアが簡単ではないかも。数日相談しながら悩んでいました。

私に付き従わせながら長期的に見守ろうと、すぐに目的が達せられたそれも良し。そう考えて春野様にコンタクトを取りました。春野様は快く引き受けていただきました。一部、白狐の魅力に磨きをかける能力に変更しました。

召還する日はやはりソワソワします。時間になると白狐の姿で現れる思っていましたが人の姿でお辞儀で現れました。その後、白狐がふわりと宙を舞っていました。

私の部屋は座っている机を中心に専門書、論文が平済みタワーがいくつかあります。白狐はちょっとびっくりしていました。黒麒麟はちょっと整理整頓しましょうと・・・。そこからお説教モード突入でした。

白狐はいろんな物に興味を持ち宙を舞いながら観察しています。探し人についてはまだ何も語ってきませんが気長に待つ事にします。今は私に付き従い黒麒麟と共に成長してくれたらと思います。

「フィールドワークも良いですが人間のパートナーも探してください。」

「この前みたいに神気にあてられてしまうのですよ。」

「霊的、精神面のサポートは任せてもらっても整理整頓、食生活はご自身でしないと。」

「春野様のいのちの縁結びをお願いしては・・・。」

「研究の合間にストレッチはいかがです。」

これらの黒麒麟の言葉はお説教モード突入のサインです。白狐はそれを聞きながら真っ白でふわふわなシッポを布団の中から出して休むように促してきます。ずいぶんと彩りのある生活になりました。

タルパというと否定的な意見がありますが春野様の使役霊は別物だと思っています。まず、自分が作り出した物ではないですし。

召還後にすぐに存在を感じられ姿が見え会話もスムーズに出来る人もいます。しかし、まったく何も感じない人もいると思います。そちらの人が多いのでしょうか。

まず、感じなくても拒絶するのではなく確信してみるところから初めてはいかがでしょう。

拒絶してしまえはそこまでです。確信すると小さな歩幅ですが一歩進めます。

まず、「ある」ということから意識しなければ答えてはくれません。存在を認めてもらえない事の悲しさは人も使役霊も変わりません。

感じなくて悩んでる人が1人でも減りますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です