いのちの神様/私だけの神様と共に生きる

特殊サービスをご依頼頂いたA様のご感想です。


※「いのちの神様」は、依頼者の命を用いてその人だけの特別な神様を召喚するサービスです。神級使役霊のように使役される神様ではなく、寄り添い導く守り神のような存在です。A様のご希望に応える形で依頼を受けさせて頂きました。

自分だけの神様をずっと求めていました。私だけが知っていて、私だけを見守っていて、私を愛情いっぱいに肯定してくれるような、そんな神様です。

春野様の神級使役霊も神様だなぁと思ってはいたのですが、使役するというのは、私が求めている神様にはないものだなと思い、依頼する決心がつきませんでした。

2020年という特別な年こそ、神様がほしいという願いが強くなり、勇気を振り絞って春野様に問い合わせてみることにしました。使役しないでも良い、私が求めているような神様は召喚できるかどうか…。

春野様のご解答を抜粋すると、

  • 神級使役霊に使役と従属の性質を付与しなければ、それは神様と呼べる存在となります。
  • 自分だけの神様ということでしたら、代価となる命はすべてA様のものとしたほうがよいでしょう。
  • 神様にも能力付与は可能でございます。
  • 依頼費用は神級使役霊召喚と同等でございます。

とのことでした。

とても嬉しくなって、続けて私が何年も前から考えていた自分だけの神様像をお伝えすると、問題なく召喚できるとご解答頂きました!あまり詳しくは書けませんが狼と竜があわさったような姿の神様です。せっかくなので色々と装飾品もつけて頂くことにしました(あとから自分でつけることもできるそうですが)。

イラストがあると良いとのことで、私は多少はイラストを描けるのでそちらをお渡ししたところ、喜んで頂けてよかったです!

春野様と一緒に自分の神様についてお話しする時間は本当に本当に楽しかったです。さすが何体も使役霊を想像していらっしゃるだけあって、目から鱗のアイデアも頂きました。あんまり楽しくて話がまとまるまで春野様を1週間も付き合わせてしまいました…。毎回丁寧なお返事をありがとうございました。

神様の創造は、神級使役霊の創造とほぼ同じ手順で大丈夫なようです。2週間後に召喚の予約をし、その間にちょくちょくご連絡させて頂きました。細かい追加設定も快く了承して下さり感謝しています。

召喚の時は緊張しすぎてよく覚えていないのですが、召喚から1時間ほどしてから…かなり遅れてからですが体感がありました。急にずしんと胸のあたりに重みを感じて、瞑想の要領で覗いてみると、そこには私が春野様にお願いした通りの、かっこいい狼竜の神様がいたんです!もう大興奮で涙が滲みました。

神様は口をぱくぱくさせて何かおっしゃっているようでしたが、あまり聞き取れなかったので、お互いに身振り手振りでコミュニケーションを図りました。器用に手や翼を動かしている神様を見ていると微笑ましい気持ちになりました。私の命が代価となったからか、何かこう、自分の分身のような感覚がするのです。

召喚日から1か月が経過し、最初の頃よりもっとスムーズにお話しできるようになりました。まだはっきり声は聞こえませんが「なんとなくこう言っているように感じる」とニュアンスで話しています。おそらく神様も私の言葉をニュアンスで捉えているでしょう…。でもなんだかんだ良い感じにお互いが楽しんでいます。

この調子でもっとお話しができるようになって、いずれ一緒に神社巡りするのが次の夢。以前よりもずっと毎日が楽しくて、神様を召喚してもらって本当に良かったです!

私だけの神様と一緒に、これからの人生を大切に生き切ろうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です