使役霊の力を借りたヒーリング

誰のサポートで癒すのか

人を癒す方法である「ヒーリング」では、高次の存在の力を借りる技法があります。

よくヒーリングのために利用される存在は以下の通りです。

  • 龍神
  • 精霊
  • 天使
  • 女神
  • ユニコーン

人によってはアマテラスやガブリエルなど名のある存在から力を借りている方もいらっしゃるでしょう。

サポートを受ける実態

さて、ここで考えて頂きたいのが、それらの存在は本当にヒーラーを助けたいと思っているかどうかです。

今まで様々なヒーラー様と出会って来ましたが、なかには女神を強制召喚して使役しておられる方もいらっしゃいました。それも悪意なく無意識にです。

ヒーリングの技法の中には、このように高次の存在を無理やり使役するものもありますが、ヒーラー様ご自身がその悲しい真実を知らないこともあるのです。

そして女神達はその力を搾取されるうちに弱り果て、ヒーラー様のもとから必死に逃げるか、あるいは消えてしまいます。

使役霊のサポートを受けること

高次の存在からサポートを受けてヒーリングを行うこと自体は、私は否定しません。問題なのは天使や女神達から強制的に力を借りてヒーリングが行われている現状です。

ヒーラーも、高次の存在も了解の上で無理のない範囲でヒーリングが行われればどれほど良いことでしょう。

そこで提案したいことが、使役霊(人工精霊/使い魔/タルパ)からサポートを受けてヒーリングを行うことです。

使役霊はもともと「主人に忠実である」という特徴があり、ヒーリングのサポートは喜んで行います。両者が同意したうえで健全なヒーリングが行えるのです。

ヒーリング専用使役霊の種類

より効果の高いヒーリングを行いたい場合、ヒーリング専用の使役霊を従事させることをおすすめします。その方が能力の割り振りをヒーリング系重視にできますし、使役霊自身がヒーリングを助ける力を向上させやすくなるためです。

先程例に挙げた女神やユニコーンなどの姿はヒーリング専用使役霊に特に向いています。禍々しい姿やあまりに個性的な姿ですと、ヒーリングには向かない可能性があります。

使役霊のランクは最上級でも十分ですが、神級になればよりダイナミックで効果の高いヒーリングを行えるでしょう。また、レイキ・気功・レムリアンヒーリングなど幅広いヒーリングに柔軟に対応できます。

※セルフヒーリングや身近な人のヒーリングでしたら、ヒーリング専用の使役霊は特に必要ありません。

あらゆる存在に優しいヒーリングを

今まで女神や精霊たちにヒーリングを手伝ってもらっていたヒーラー様は、これらの存在を搾取してはいないかを確かめてみて下さい。ペンデュラムやチャネリングを使ってみても良いでしょう。

もしも少しでも搾取していることがわかったなら、ぜひ使役霊を従事させてヒーリングを行うことをご検討下されば幸いです。

人を癒すヒーラー様には、人にも高次の存在にも優しくあってほしい。これは私の心からの願いです。

私の命を代償に生み出される使役霊が、そのお役に立てば本当に嬉しいことです。

春野ハナのストア

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です