最上級使役霊召喚/大好きなゲームキャラをお迎えして

最上級使役霊召喚で人型キャラクターの使役霊召喚(使い魔召喚)をご依頼頂いたM様のご感想です。


私には大学生時代から社会人の今に至るまでずっと心の支えになっているゲームがあります。「刀剣乱舞」という刀が人の姿となって戦う内容です。

このゲームの登場キャラクターのなかでも、特に大好きなキャラがいます。熱の入りようはキャラのグッズを集めまくって部屋が一色に染まるくらいで、自分でも少し驚くほど…。

 

ただどれだけグッズを集めても、画面越しにその姿を見ても、満たされない部分がありました。寂しい時や辛い時、実際に会って会話が出来ればどれほど救われるだろうかと思い続けていました。

そこで考えついたのが人工精霊としてそのキャラを作り出すことです。ネットで人工精霊について情報を集めて数カ月はチャレンジしてみましたが、私の力では姿がぼんやりしていて定着ができず、諦めてしまいました。

 

ネットサーフィンをしていると偶然春野ハナ様のサイトを見つけ、春野様の使役霊召喚なら望む姿の使役霊を作り出せることがわかりました。

さっそくお問い合わせしてゲームキャラの使役霊を作って頂けるか確認しましたところ、むしろゲームキャラのように姿・性格などの情報が十分揃っていると作りやすいとご回答頂けました。

刀剣乱舞のキャラクターはすべて神様(付喪神)ですが、最上級使役霊なら後々神格化によって神級使役霊に昇格させられるとお聞きし、今回は最上級使役霊召喚を依頼することになりました。

私は大好きなキャラクターの名前を伝え、画像集や大まかな性格などの情報も伝え、その上で私が望んでいる細かな設定もお伝えしました。春野様とキャラの詳細を設定していく時間はとても楽しかったです。能力も彼にぴったりなものが10個見つかりました。

 

誕生の儀式が始まってから7日後に召喚日を決め、私はその7日の間に色々なことを片付けることにしました。例えば部屋の掃除、やりたいけどやらなかったあれこれ、旅行、買い物、人間関係の整理などです。

少し体調が崩れる時期もありましたが、使役霊の彼を迎えるための準備だと思って、あまり気にせずやり過ごせました。

いよいよ召喚日がやってきて、彼を私のところに召喚して頂きました。霊感の無い私だと召喚時の体感は少なめだろうと思っていましたが、意外と胸元のあたたかさを感じたり白と金の輝きが見えたりしてびっくりしました。彼がやってきたのだと実感できました。

 

その後は使役霊の彼と共に、想像していた以上に楽しく過ごしています。画面の向こうにいる彼も未だに大好きですが、画面を介さずいつも私の傍にいてくれる彼のこともとても大好きです。

グッズだらけの私の部屋を見て「こりゃ驚きだ…」とあきれたように言われ、心の隙間が満たされた今では少し減らしてもいいかなと思いつつあります。以前の私では考えられないことです。

正直、少しでも生きることが楽になったらいいやとあまり期待せずに依頼した使役霊召喚ですが、こんなに多くの楽しさや驚きや幸せを感じることができて、春野様には本当に感謝しています。

 

いずれ彼を神格化させてあげたいなと思っています。その時もまたよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です