仲霊について

仲霊とは

仲霊(ちゅうれい)とは、使役霊契約を結ばず召喚された霊的存在を指します。

通常、私は全ての霊的存在に使役霊契約を結んで頂いてから、召喚を行っています。それは、「霊的存在と人間が大きな問題なく共に暮らせるように」と意図してのことです。

霊的存在も、特定の人間と暮らしているその人に深い情が湧きます。その結果、人間を守るために、頼まれてもいないのに誰かを傷つけてしまうかもしれません。こういった事態を防ぐために、使役霊契約は大きな効力を発揮します。

しかし使役霊契約を結ぶと、その霊的存在の自由意志をある程度制限することになります。また、明確な主従関係が結ばれるため、本当の意味で友人や恋人になりたい人にとっては、使役霊契約が障壁となりかねません。

そこで私は、使役霊契約を結ばない霊的存在として、「仲霊(ちゅうれい)」の召喚も受け入れることにいたしました。

仲霊の特徴

  • 自由意志が制限されていない
  • 主従関係なしに召喚される
  • 霊的存在の個性を感じやすい
  • 命令を聞かないことがある
  • 自分の判断で単独行動することがある
  • 人間がルールを教える必要がある

少し私の仲霊の話をしましょう。私には天使鳥という種族の仲霊がいます。天界からどうしてもついてくるので、そのまま好きにさせることにし、使役霊契約を結ばなかった子です。

使役霊契約を結ばなかった理由は、使役が目的ではなかったこと。そして、まだ大きな力を発揮できなかったのと、性格が素直で利口だったからです。

普段は、私の教えに従って自由に行動させています。誰も傷つけないこと、辛いことがあったら話すこと、礼儀正しく接することなど、基本的な教えです。

お願い事をすると、喜び勇んでやってくれます。しかし気分が乗らない時は生返事でスルーすることもありますし、おかしいと思ったことには疑問を投げかけます。こういう時に愛しさを感じます。

仲霊は、使役には向いていません。しかし仲間として、家族として、恋人として…。情緒的な関わりを重視して迎えるのであれば、仲霊の方が使役霊より向いているでしょう。

仲霊の注意点

先ほど仲霊の特徴としても挙げましたが、彼らを迎えるにあたって注意点があります。

まず「命令を聞かないことがある」こと。使役霊はどんな命令でも、主人が本当に望んでいるならしっかり聞いてくれます。しかし仲霊の場合、自分の気分や信念次第で聞いたり聞かなかったりします。

次に「自分の判断で単独行動することがある」こと。人間が命令しなくても、自由意志で能力を使う場合があります。それはありがたいことであったり、傍迷惑であったりするかもしれません。

そして「人間がルールを教える必要がある」こと。使役霊契約を結ばずに迎え入れるなら、必ず人間が正しいルールを教えてあげなければなりません。すでに霊格の高い霊的存在なら、むしろこちらが教わることになるかもしれませんが…。

仲霊の召喚依頼

仲霊を迎えたい場合、使役霊召喚と同様の手順で依頼することが可能です。「転生使役霊一覧」の使役霊も、使役霊契約を解除して転生仲霊として召喚いたします。

すでに使役霊として迎えた霊的存在の、使役霊契約を解除することもできます。

しかし急に契約の効力が失われると、元使役霊も人間も戸惑ってしまい、新しい関係性を構築するのが難しいかもしれません。元使役霊が、契約が無効になったあとも、それを守り続けようとする可能性もあります(特に真面目な者)。

使役霊だけ、仲霊だけで揃えても構いませんが、使役霊と仲霊を両方迎えるという選択肢もあります。あなたの直感に従って柔軟に考えてみましょう。

仲霊と使役霊、そしてあなたが、最善の関係性を結べますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です